EverLearning!

モチベーションワークス株式会社 および 一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事 野本 竜哉 による、ICT機器を活用した学習の動向をレポートするブログ。ここでの投稿内容は、所属組織を代表するものではなく、あくまで個人としての情報発信となります。

(たぶん)全国初、「完全キャッシュレス」文化祭を取材してきた

 2022年6月11日(土)〜12日(日)、静岡県三島市にある日本大学三島高等学校・中学校(以下、日大三島)で「完全キャッシュレス」な文化祭が開催されるというお話を聞いて、遊びに行ってきました。コロナによる各種制限が多少収まってきた状況であったとはいえ、感染対策と人との距離には十分気をつけながら、この取り組みの意義や目的について現場の先生方にお話を伺ってきました。

 ちなみに当方は、過去にKDDIに在籍した際にこの日大三島さんにauLTEを利用できるiPadWiFi+Cellularモデル)の初期導入を支援したSEであり、その頃から同校とはやりとりがあったのですが、今回の企画については一切の関与がなく、純粋に「お客さん」の一人として見学してきた感じです。(現在は私はKDDIを退職していますのでこの記事もステマとかではなく、純粋に面白かった、興味深かったことを綴っています)

 文化祭に限らず学校行事で現金のやりとりが発生すると、実は付随していろんな課題やめんどくさい事象が発生するため、そもそも中高の文化祭では有料の飲食物提供や有料サービスの提供自体をしないケースも多いと思います。一方でこれまで文化祭でお金を扱ってきた学校も、コロナの影響で文化祭を中止あるいは大幅縮小していた中、今年は久々にフルスペックに近い文化祭を復活させようとする中で「非接触」の実現にあたり「現金のやり取り」が課題としてよりも重くのしかかってくると悩んでいるかもしれません。そんな方々に参考になるかな?と思って、今回はこの「キャッシュレス文化祭」の記事を書いてみようと思います。

 なお今回取材した日大三島のキャッシュレス文化祭「桜陵祭」には、色んな意味で教育的な意義があることがわかりました。また今回の文化祭はあえて「現金を一切扱わない」「キャッシュレス決済をできない場合は後日請求し当日は現金を受けない」「支払い方法はau Pay一択」というかなりストイックな選択をしており、後述しますがこれがけっこう大きな意味を持っているということも見えてきました。

 ということで、以下、ご覧ください。

  • 「キャッシュレス文化祭」の歴史
  • 売上状況をリアルタイムで把握でき、全取引を一括DLできる
  • 事前準備は大変だったが、始まってみたら順調
  • 実際に支払ってみた
  • でも、お高いんでしょう?
  • キャッシュレスがもたらす、文化祭のDX
  • 生徒もお客さん、決済は一人1台の「教育用端末」で
  • 他にもいろいろな教育的な意義がある(詳細は本件の解説音声で)

 

続きを読む

【教育×Tech領域の採用の話】スキルとやりたいことと給与の一致について

 久しぶりの更新です。

 今日は昨年5月に転職し、やっと自身がやりたいことができて、そこで自身のスキルが活かせて、給料も納得できるような会社に出会えた、という話を書きたいと思います。

※もしこのエントリーを読んで「モチベーションワークス株式会社」って面白そうだな、話を聞いてみたいな、という方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。

 業界や洋の東西を問わず、この3つを全て満たした働き方ができている人は非常に限られていると思います。特に日本においては、「自身のスキル」と「給与」が直結しないという課題を抱えている人が(ことさら、研究者やエンジニア、クリエイターの方に)多く、技術や積み上げた研鑽が正当に評価されず、人財流出を招いている側面があるように感じています。私が働いている教育×Tech(あるいはEdTech)の領域もその一つだと感じています。

 この領域に興味を持っている人は(最近、日本の公立小中や一部高校で”一人1台の教育用コンピュータ”が導入されたこともあり)多いのでは、と思うのですが、学校のICT環境を技術的に支えていたり、その管理や保守をしてくれているICT支援員の方や、そうした機材の導入に関わっている企業には、かなりの高いスキルが信じられないくらい低い給与で買い叩かれている実態もあり、仕事としては「やりたいこと」だけど敬遠されるケースも出ているように思います。

 

 ただ、私は幸運なことに(これまで10年ほど思い悩んできましたが)、冒頭に記載した通り「やりたいこと」「自身のスキルが活かせること」「給料も見合っていること」という3つを同時に満たせる会社に就職できました。ただ、このエントリーは単にそれを自慢する目的ではなく、同じような課題を(特に教育×Techという領域で)抱えている人たちに対して打破するヒントを提供したいと思って書きました。

 

 このエントリーは「採用」を意識したものです。なかなかこんな会社ないし、教育×Techの世界においてやりたいことがマッチするならばとても楽しいので、意思のあるみなさん、一緒に働きませんか?という呼びかけが主目的です。ただ、転職の意向が全くない人でも、特に教育関係のお仕事をされている人であれば、読むとけっこう面白い内容になっていると思いますので、目次を見てピンと来た方は、少々長文ですがよかったらお付き合いください。

 

  • 教育×Tech領域においてスキルと給与が相関しない理由
  • モチベーションワークスとは
  • モチベーションワークスのVision:「学校の”負”を解放する」
  • 半端ない社員への信頼と権限移譲 
  • 仕事内容・スキルの活用・給与の3つのうち2つ以上を目指したい方へ
続きを読む

ClubhouseでSE(効果音)やBGMを入れながら話す方法

 1月下旬から2月頭のフィーバーが少し落ち着いた感のあるClubhouseですが、Facebookでいう「グループ」のような機能である「クラブ」がアプリ内から作れるようになり、定期的な番組を持ちたい人にとっては魅力的なプラットフォームになりつつあります。

 かくいう私も日曜日の朝7:00というちょっと変則的な時間帯ですが、定例のクラブを持つことになり、それであればちょっとオーディオ環境を整えようかなぁと思っていろいろ調べてみました。結果的に、手持ちの機材を活用して

 ・BGM

 ・SE(効果音)

 ・ある程度高品質な外部マイク

を同時に使う方法が確立できたので記事にまとめてみます。

  • 意外と制限が多いClubhouseでの外部マイク・音源利用
  • 一番簡単そうなのは「iRig2」
  • オンライン配信用にたまたま買っていた「ZOOM社 PodTrak4」が使える!
  • 自分の音声含めてモニタリングができるアプリ「Mic Room」を併用

 

続きを読む

できるだけ手持ち機材を活用して現地収録+遠隔インタビューが同時にできる環境を作った話

 およそ2年前と似たような記事を書いてみます。

it-education.hatenablog.com

 

 とある業務で、最近いろんなところにインタビューや取材に行っていたのですが、緊急事態宣言の発令に伴い、静岡県在住の当方が都心への出張、あるいは都心からの出張者とともに取材行動を行うのに大幅な制約が出てきてしまいました。

 今回は、静岡県内のごく近隣の方への取材予定があったのですが、映像機材とプロのカメラマンが東京からやってくることができないという状況の中、案件の納期は目前に迫っているというなかなかハードなクエストがやってきまして、さてこれをどう攻略するか?と考えてみました。こういうICTを活用したハードクエスト攻略は個人的に血が騒ぐので「できるだけ追加投資をせずに手持ち機材でこの難題を乗り越える」ことに挑戦してみました。

 ちなみに当ブログきってのハードクエスト攻略日記としては以下の記事がロングランで詠まれております。お時間ある方はどうぞw

it-education.hatenablog.com

 

 さて、今回の拘束要件は以下の通り。

・筆者が、同じ県内(かなり近く)の有識者のインタビューを撮影する

・ただし、インタビュアーは東京にいる

・さらに、通常こうした撮影のための専用機材は東京にあり、その機材を扱えるプロのカメラマンも東京にいる

・そして東京にいるインタビュアーとカメラマンは静岡にくることができない

・そこで手持ちのカメラでインタビュー映像を収録するのと同時に、Zoomを使って遠隔からインタビュアーが有識者に質問応答をできる環境を作りたい

・ただし、同じ映像に登場する他の有識者はすでにプロ用機材で撮影を終えており、今回の有識者だけ極端に画質音質が劣るという事態はできるだけ避けたい

・だがいつ終わるかわからない緊急事態宣言が明けるまで本案件の〆は待ってくれない

・そして最強に厳しい条件が「屋外の撮影で、電源がない」

・屋外で機材をセットアップしてさくっと撮影ができる比較的シンプルな構成が必要

 

 そうなんすよ、最後2つがキツいんですよ。ぶっちゃけ手元には「それ手持ち機材って反則だろ」というATEM mini PRO ISO 様がいますが、これは電源が必要。悩んだ結果、以下の布陣を考えた。

・ワイヤレスのピンマイクは絶対に必要だが持っていなかったので、これだけは買う
 今回はAmazonをいろいろ探して、低価格なわりに評判がよかったこれにした。
www.amazon.co.jp

それ以外は、すべて手元にあるもので、バッテリー駆動できるものを組み合わせました。

結果、以下の構成で問題なく

 ・比較的高音質な音声を収録しつつ、同じ音声をZoomで遠隔のインタビュアーに生配信

 ・比較的高画質な映像を収録しつつ、同じ映像をZoomで遠隔のインタビュアーに生配信

 ・インタビュアーの質問は、別のZoomに接続している端末から音声を出力し、インタビュイーに届ける

という感じにしてみました。構成図は以下のような感じ。

 映像収録 :SONY α9
 音声収録 :ZOOM PodTrak P4
 ワイヤレスピンマイク:ALVOXCON UM310 Pro
 HDMI-USB変換機  :Amazonで買ったノーメーカーのやつ
 Zoomのホスト端末   :M1 MacBook Air
 (別途、インタビュイーに音声を届けるためのZoomクライアント端末あり)

 

f:id:nomotatsu:20210113020120j:plain

機器構成図

 この機器構成自体は一応10分少々で(ここに書いていない三脚なども込みで)設置できました。実際にはバックアップ用のサブカメラとかも配置したのでもう少し準備時間がかかりましたが…

 そしてM1 MacBook Airはやはり相当省電力ですね。1時間程度のインタビューは全然平気。むしろ先にカメラやPodTrakの電池が切れそう。

 ということで今回は追加で買ったのはUM310 Pro、概ね7000円くらいで、他はすべて手持ち機材(手持ち機材がすでにチートともいう)で構成できました。

 なお、PodTrakはこの状態だとチャンネル1と2のキャノン端子が空いているので、ここに別のマイクなり音声入力を追加すればさらに複数人での会話とかも収録できます。

 

 なお、UM310 Proは iPhoneなどのスマートフォン用のアダプターがついており、同時生配信をせずに単に収録だけならこのセットがもっともお手軽です。音質も悪くないので、7000円くらいの値段の割にかなりいい仕事してくれるアイテムでした。

 

 ということで今日はこんなところで。

2021年の抱負 「一人1台」教育用コンピュータの主権を”学習者”に渡そう

 本年もよろしくお願いいたします。

 新年の抱負をブログに年が明けたらすぐに書くと決めていたので、今回は手短に結論だけ。

 今年の抱負はズバリ、表題の通りです。国が主導し、自治体が調達し、各学校に配備される一人1台の教育用コンピュータ。足元ではコロナウィルス感染の脅威が(新種の浸透も含め)益々広がっていますが、仮に特定の学校で休校、特定の学年・学級で学年閉鎖・学級閉鎖が起きてしまっても学習者の「学ぶ権利」「学ぶ意欲」をいかに守るかという点は当然として、日常期においても手元にあるICT機器が自身の学校生活を豊かにするための道具として使いたい時に、使いたい方法で使える、それを大人が不要に制限しないようにしたいと思っています。

 この話をすると、必ず「理想論」とか「何かがあった時の責任論」が展開されます。が、ここではいちいち例は挙げませんが、そうした「大人たちの勝手な心配」が杞憂であった事例はたくさんあります。「理想論」は、実現できれば理想に近づけるのだから、教育を、児童生徒のことを真剣に考えているのであれば、まず不可能と決めつけずに理想論とその事例をちゃんと検証して欲しい。特に「ウチの児童(生徒)にはそんなの無理」という勝手な大人側の決めつけを今まで嫌というほど聞いてきましたが、それで可能性を限定されて被害を被るのは学習者たる子供達です。教育に携わるものがわざわざ子供たちの可能性を狭める方向に圧力をかけることは、適切ではありません。

 というのも、私はこれまで、いくつかの学校で講演や授業をさせていただく機会をいただいたことがあるのですが、そういう機会をいただける時には必ず依頼側と事前調整して「講義/授業中に個人のスマホあるいは配布するタブレットを自由に使ってもらうこと」に対して同意をとりつけます。そして、講義中に生徒や学生にスマホタブレットを使ってもらい、特に機能制限などなく中に入っているアプリを自由に使って良いとか、LINEを使って自分に質問や意見を送ってもらって構わないとか、そういう方式を採用しています。中にはいわゆる「困難校」と呼ばれるような学校もありましたが、それでも生徒や学生は特に授業中に問題を起こしたり、内容を逸脱した使い方をされた経験はありません。むしろ、こうした講演や講義をしている時は「寝落ち」している方がほとんどおらず、また後日のアンケートを先生方と共有すると「あの子がこんな意見を書くなんて意外だった」という声がほぼ100%聞かれます(もちろん、寝落ちさせない講義や授業の力量や中身の面白さも問われているので毎回全力で準備とシミュレーションをしてから挑むというのもありますが)。このブログで過去何度も書いていますが、ICTはこれまでの学校生活でみえてこなかった児童生徒の意外な一面や強みを可視化してくれます。

 あくまで当方の経験上ですが、従来の偏差値的な学力とICTを活用した時の生徒の創意工夫力の間にはほとんど相関関係は見られないのではないか、というのが当方の持論です。学校生活の中で(授業に限らず)ICTを活用していくために大事なことは3つだけで

 1)指導者側がどこまで学習者を信用できるか

 2)ちょっとした(他の学習者に被害や実害がない)悪ふざけ程度の行動はスルーしつつその中でも要所要所で「おっ、ここについてはいい行動だな」という良い部分を見つけた時にはタイムリーに承認してあげられるか

 3)明らかに他の学習者に実害が及ぶような行動についてはその人の性格を考慮した上での教育的指導ができるか

さえ抑えておけば大丈夫、というのが個人的な感覚です。

 

 といっても、ここでこういう記事を書いて吠えていても、世の中の大半の小中学校に導入される一人1台の教育用コンピュータはガチガチの規制で、文部科学省が「持ち帰りが前提」と言っていてもそれを考慮した設定や設計がまともにできていないところが大半でしょう。こうしたガチガチの機能制限下の端末はやがて児童生徒から煙たがられ、あまり活用されず、死蔵されたり文鎮化したり雑に扱って故障が頻発するという事態が起きやすくなります。それは血税の無駄を意味します。

 そうならないように、デジタル・シティズンシップをはじめとする、教職員や児童生徒に対するICTのポジティブな活用と、その活用上の留意点を「学習者同士の議論」を通してエンゲージメントすることに、今年の自身の多くの時間を使いたいと思っています。そのためにやれることはできるだけ多くやっていく、効果がありそうなことはいろいろ試す。これが私の覚悟です。

 その背景は当方の前回の記事に譲ります。

it-education.hatenablog.com

 

 最後に、いつも引き合いに出して恐縮ですが、近畿大学附属高等学校の乾武司先生の5分間の動画を紹介します。学習者が主権を持つ形で「先生がいちいち教えなくても生徒たちが自分で学んで、結果的に教科書や指導要領相当の内容を習得できる授業のあり方」としてICTを活用した一つの事例を紹介したいと思います。たった5分なので、ぜひ年始の皆さんの時間をちょっとだけ分けてください。ICTを用いた学び方の視点が変わります。これは高校の事例ですが、応用パターンは小学校でも中学校でも、日本の優秀な先生であればいくらでも考えられます。大事なのはICTで既存の授業の一部をデジタル化させるのではなく、児童生徒に学習の主導権を持ってもらい、自律的、もっと言えば主体的な学びを先生がエンゲージメントすることにあります。ICTはそういう今までやれなかった授業を実現するための触媒なのです。

 ということで、 「一人1台」の教育用コンピュータの主権を”学習者”に渡すために、今年は泥臭く動いていこうと思います。共感してくださった方、少しでもこの考えを広げようと思ってくださる方、ぜひSNSであったり、組織内のメールであったり、本記事を印刷して職員の方に展開してもらったり、手段は選ばないので、皆さんでこの「理想論」を実現するために必要案ことを考えて欲しいと思います。SNSでのシェアも歓迎します。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

「教育用コンピュータ1人1台時代」にデジタル・シティズンシップ教育が必要な3つの理由

 本年も大変お世話になりました。おそらくこれが今年最後の更新になると思いますので、この場を借りてご支援いただいた多くの方に御礼申し上げます。来年の抱負はまだ来年になってからどこかのタイミングで書きたいと思います。

 さて、今年最後の更新は、書籍「デジタル・シティズンシップ:コンピュータ1人1台時代の善き使い手をめざす学び」を読んだ感動を皆さんとシェアするための記事です。Amazonでの購入リンクを貼っておきますが、結論から言って教育ICTの領域に関心のある先生、保護者、そしてできれば教育学部で学んでいる学生の方や教育ICT領域で事業を行っている企業の方に広く読んで欲しい、今年一番(当方比)の良書です。AmazonではKindle版も販売されており、在庫に関係なく即読めますのでとにかく買ってください。

https://www.amazon.co.jp/dp/4272412590/

f:id:nomotatsu:20201227222449j:plain

書影はAmazonより引用


 このブログ、および当方が代表理事をつとめる「一般社団法人iOSコンソーシアム」という社団法人においては常に「教育ICTの推進により学習者の学びを”拡張”する」という考え方を軸足に置いています。本ブログで長く読まれているiPad ProやApple Pencilを使った学びが「学習者」の立場で見たときに最高であることも、一人1台の学習用端末を活用している教育事例の発信も、世の中の記事や情報発信の大半が「大人の論理」や「大人の事情」の解説なのですが、本ブログはあくまで学習者、つまり小中高校においては「児童生徒たちの目線でどんな良いことがあるのか」を伝える場でありたいと考えて、ここはブレずにやっているつもりです。

 そんな中、「デジタル・シティズンシップ」に関する本が年末くらいに出版されるという報を受けて、その発売を楽しみにしていました。Amazonで早々に予約して先日手元に届き、時間ができた週末に一気読みしたのですが、何度も膝を打つ場面があり、これまで幾度となく思ってきたこと、悔しい思いをしてきたことが言語化されていることに感動しました。

 この本のどこがすごいのか、なぜ教育ICTの関係者や保護者、学生、企業の方にまで広く読んで欲しいのかを、今回は自身の考え方をまとめるためにもここに記載しておきたいと思います。

※本書籍にはiOSiPadに限らずOSを問わない汎用的な内容が記載されています。当方が活動している領域にはiPadの事例が多いので本記事にはiPad関連の記述が多いですが、当方として書籍の内容がiPadにしか当てはまらないということを意図するつもりは全くありませんので予めお断りしておきます。

 

 

デジタル・シティズンシップって何だ?

  詳しい解説は書籍の第1章がまさに「デジタル・シティズンシップとは何か」という題目なので書籍を読んで欲しいのですが、当方なりの解釈でまとめると「情報モラル教育がICTの暗の部分、つまりネガティブ面を強調し、できるだけ”使わせない”方向になりがちな教育であるのに対して、デジタル・シティズンシップ教育は逆にICTの明の部分に注目し、課題解決やより良い方策を考えるポジティブ面を”児童生徒同士が提示された想定シーンの当事者になり切ってこの場合はどうICTを使っていいくべきか”といった対話を通して自律的に気づいてもらう教育」と言えると思います。

 私自身、以前KDDIに勤めていて、何度か「ケータイ教室」という活動で小中学校に講師として出向いて携帯・スマホの「正しい使い方」に関する講義をしてきたことがあるのですが、この時に使われる教材というのはネットやケータイ・スマホの「リスク」を強調しており、どちらかというとホラー的に「変な使い方する奴は痛い目を見るぞー」的な内容がどうしても出てくるものでした。(※当方が講師をしていたのは2010-12年くらいなので今は変わっているのではないかとも思います)

 ただ、その後、いくつかの私立学校で「一人1台のiPad導入」を受けて、自分自身がリスクや危険性だけを伝えるやり方に疑問を持ったこともあり、一からプレゼン資料を作って私立学校向けに独自の「どうICTをうまく武器として活かしていくか」を主眼とした講演をする機会が2013ー16年くらいに何度かありました。今思えば、広い意味でこれはデジタル・シティズンシップ的な活動だったのかもしれません。

 本書ではICTを児童生徒が活用することのネガティブ面の強調の色合いが強い指導を「情報モラル教育」、ポジティブ面を引き出す色合いが強い指導を「デジタル・シティズンシップ教育」として明確に区別しており、両者の違いについては第二章で他国の事例も踏まえながら明確に述べられています。特に79ページにはその両者の違いが様々な面から比較された表が登場しますが、これが非常にわかりやすい。例えば情報モラル教育は「専門家・詳しい人物による”指導”」であることが多いのに対して、デジタル・シティズンシップ教育は「普遍的、誰もが公平に”参加”」というスタイルであることの違いが明記されています。ここがめちゃくちゃ重要です。

 とはいえ、「情報モラル教育」自体はデジタルの世界で起こした過ちが半永久的に記録され、本人の人生をも左右する危険性があることなどを正しく認識するためにも必要であるように思います。ただ、これを「だれかから”こういうものだ”と強制的にインプットされたり、”考えてみよう”と一見自由度があるような議論の場が設定されても結局は”あぶないことはやめよう”という悪い意味で”教育的”な方向性に半強制的に誘導される」のと、「自分たちの身近で起きている”LINEがいつまでも終わらない”とか”グループから村八分にされる”といった課題に対して(先生が介入せずに)自由に議論して結論を考える(結論はクラスやグループごとに違っても良いし、違いを認識することが重要)」という方向性では、全然、生徒の腹落ち感が違うわけです。前者はある意味、先生が「いいことを教えた」と悦に入りやすい方法なのですが、それで児童生徒が本当に納得していたり、SNSスマホの使い方を見直す「行動変容」が起きるかと言われたらその可能性は学年が上がるにつれて「低い」と言わざるを得ないでしょう。

 何よりも、子供たちは潜在的か健在的かは人それぞれですが、大抵の場合、大人たちの「ICTの利用に対する制約や無理解」に対して不満に思っているからです。次の事例はn=1にすぎない当方自身の経験談ですが、おそらく「ICTを生徒として学習に実際に使って社会に出ているほぼ最初の世代」としてどうしても伝えておきたいことなので、あえて当方の昔話を書きます。そういうのいらないっす、という人は次の章は読み飛ばしてもらってもOKです。

 

高校生の時、自身の「学習へのICT活用」はほぼ誰からも理解されなかった

 当方、高校生の時は実は「超落ちこぼれ」人間でして、あまり学校にまともに通わず、自宅で開通したばかりのフレッツ・ISDNで定額制ネットが実現したこともあり、ネット上の住民の色合いが強い状況でした。ただ、そのおかげで一定のコンピューターリテラシーを自分で勝手に習得し、プログラミングについては当時のセンター試験のIAIIBのBASIC程度であれば過去問も余裕で満点取れる、英語についても苦手意識がなかったので海外のニュースサイトなどを見て当時大好きだったPC系情報(VAIOとかSONY関連情報)を漁って最新情報にいち早く触れる、みたいなことが趣味でした。20年超えてもこの辺は何も変わっていないな、と思う一方で、昨今の新指導要領や入試改革で英語とプログラミング、ICTの活用が急にフォーカスされている中、個人的には「20年おせえよ」と思うくらい、ある意味当時の自分からしても「別にそれくらい普通だし」と思っていました。むしろ、高校にはこの領域でもっと先をいくようなすごい奴がたくさんいて、cgiを自分でいじって掲示板の投稿回数によってレベルアップするような仕組みを実装しているやつとか、html全部理解してテキストエディタだけでグリグリ動くようなHPを作っちゃっているやつとかが普通にいたくらいなので、自分なんかはまだまだビギナーくらいの感覚でした。

 そんな中、高校3年生の時に、SONYが「CLIE」というハンドヘルドコンピュータ(PDA:Pearsonal Data Asistant)、今のスマートフォンの原型みたいなものを発売し、当時貯め込んでいた小遣い貯金を全投入して購入し、学校に「電子辞書」と言い張って持ち込んで使うようになりました。それまで全く興味のなかったPHSも、接続することでモバイルデータ通信ができるということもあり、急遽契約したりしました。こうした事例を、当時の自身のHPで公開したところ結構な反響があり(学生服のポケットにCLIEが入っている絵は当時の大人たちからすると相当面白かったらしい)、学校の先生や親以外の大人からいろいろ教えてもらって端末の設定を最適化したり、アプリを追加してさらに使い勝手をよくしたり、という経験をしました。今のスマホとやっていることは全く同じです。

 その中に、CLIEでBASICのプログラムを動かせる仮想アプリがあったので、塾の自習室でセンターの過去問を実際に入力して手元で動かして「確かにそうなるよね」と検証してみたり(当時のノートPCはお世辞にも可搬性があるものとは言えないものが多かったので、出先でこれができることは革命だった)、ほぼ語彙が無限にあるオンラインの辞書を使って英語や古典の学習に使ったり、メモリースティックに英語の教材CDの音源を入れて音声もどこでも聞けたりと、たぶん当時としては最先端の使い方で学習をHackしていたと思います。が、これを見て親も先生も当時付き合っていた彼女も「そんなことやってないで普通に受験勉強しろよ」としか言わず、実際に超落ちこぼれということもあってこの学び方でカバーできた領域は受験のメインストリームにおいてはごく一部でしかなかったことは事実なんですが、この時の英語とプログラミングの経験が結果として今の人生で一番大事な自身の強みになっているのも事実だったりします。

 なによりもしんどかったのが、当時の大人たちが総じて、ICTを学習に使うことは”真の学びではない”とか”ズルするな”といった具合に、ICTを「チート扱い」することでした。しかし、自身は自分のHPを通じて親や先生以外の「前線で活躍している大人」の声を直接聞くことができたし、メールや掲示板で日常的にやりとりをする「憧れの大人」がいたことで結果的に救われたのですが、周囲の大人たちにはこれまでの教育の前提である「ペンたこができるまで書く」「ノートを何冊も使う」といった旧来の学び方「だけ」が正しい学びであるといった前提で来るので、そういう人たちと対峙したり、諭されて使うことを止めるように言われることが少なくなかった。実際に「そんなもんばっかり使ってるとバカになる」と言い放った先生すらいたくらいですからね…(この恨みはいまだに忘れていないぞ○○先生よ…)。結果的に自分はそういう人たちの声を「聞かない」という判断をして、それゆえ仲違いした人も少なくなかったのですが、個人的には当時のこの自分の判断は過去に戻って褒めてあげたいと思っています。

 さて、ここまでは当方の「昔話」なのですが、20年ほど経過した今日、この内容は果たして「昔話」になっているでしょうか。今でこそ、ICTを使った学びに関する情報は増えてきて、実践者も増えてきましたが、多くの大人や保護者、場合によっては先生たちの頭の中は、上記のような状況からアップデートされず、旧来のチョーク&トーク、紙と鉛筆、ICTなんかはチート、という価値軸のまま、という人が少なくないのではないでしょうか?

 ここに、デジタル・シティズンシップ教育が必要な背景があります。

 

必要な理由1)「学校が、生徒の情報端末の活用を積極的に阻害していた」から

 すでに10年前くらいから「学校に一人1台のコンピュータが必要」というかけ声はあり、少しずつは普及が進んではいるものの、2019年くらいまでは「一人1台なんて全然先の話」というくらい、全国的に見れば牛歩的な進捗でした。

 しかし、ICTの導入が進んでいく中で、学校が多少変化しているか、というと、そうとは残念ながら言えない状況が続いていました。究極的には、前項で示したような「ICTは不要なもの」「学びの本質ではない」「チートである」という論理が根っこにあったのかもしれません。

 その2019年の夏、当方が代表を務める一般社団法人iOSコンソーシアムにて行った特別講演で、近畿大学附属高等学校の乾 武司先生が、本書にも登場するOECDPISAのデータを引用しながら講演を行ってくれました。その中で、乾先生がおっしゃった言葉に、以下のものがあります。

「学校が、生徒の情報端末の活用を積極的に阻害していた」

 

 ICTを導入している日本国内の多くの学校では、「よからぬこと」が起きないように、物凄い厳しい機能制限をして、中には決められたWebページ以外は見せない「ホワイトリスト」方式を使ったり、アプリは最初から入っているもの以外は一切入れられないようにしたり、授業中には許可されている時以外は端末をロックしてしまう機能が入っていたりといった使い方が各所で定着しつつありました。近畿大学附属高等学校はそうした「機能制限」をできるだけ取り払い、生徒に対して学習以外も含めて自由なネット接続、アプリ入れ放題、校内どこでもWiFi利用可能という環境を打ち出し、活用の「日常化」に成功した学校の一つです。

 この学校の事例はあくまで高等学校ではありますが、同校は生徒が日常的に部活や委員会、自宅学習など「授業以外」でもICTを活用できる環境を構築しました。なぜならば、ICTは日常のちょっとした不便なことや学校生活上の課題を解決するためのひとつの武器であり手段なので、自由な使い方や同じ課題を経験した人が作ったお助けツールをうまく活用することで、学校生活をより豊かにできるからです。この考え方は私自身が高校生の時に経験したことと全く同じなのですが、残念ながらその生徒たちの考えていることを大人はすべて理解できるとは限らない。でも、理解できないことだけど「きっとそこには生徒たちなりの考えがあるはず」ということで、それを「黙認」したり「許容」してくれることで、生徒たちが大きく成長したり新しいスキルを身につけられるケースがたくさんあるわけです。

 しかも、先生はこういうICTの活用方法を特に生徒に説明したり教えたりしていません。今の生徒たちはデジタルネイティブなので、自分の経験である程度知っていることは普通に使ってきますし、同級生でできる人のスキルを簡単に共有してもらったり盗んだりして自分のものとして活用してきます。その最も端的な例が、名古屋経済大学市邨中学校の中学校1年生で、入学と同時にコロナによる休校で、iPadの使い方をほぼ何も教わっていないのに生徒同士で学び合ってこういう作品を生み出した、という事例を示す以下の動画です。

名古屋経済大学市邨中学校 中川琢雄先生
入学と同時に休校になった中1生たちの成長記録 Pages,Keynote,Numbers,Google Earthを活用したバーチャルワールドツアーとポスター制作を通じた地理の実践

 こういう作品や発想は、「ICTを使うことがチート」という感覚が強いとなかなか出てきません。しかし、この動画の作品はおそらく「まともにICTの使い方のレクチャーを受けておらず、ほぼ学校に登校もできていない中1の生徒たちが作ったもの」としてはみなさんの想像を超えてきていると思うでしょう。しかも、「私学だから環境が整っているんでしょ」という声がよく聞かれますが、この学校は動画にもある通り、最初の1日にiPadを渡すために最小限のレクチャーしか対面授業は提供しておらず、そのあとは遠隔ですので学校の施設はほぼ活用されていません。私学の有利とされている部分はほぼ、無関係にこれが起きたのです。なお、一人1台の端末配備が2021年の4月までに全国の公立学校でも行われ、それが利用できるようになると土俵としては同じになるので、これからはもう「公立だから」と言い訳はできなくなります。結局のところ、大人たちが児童生徒の可能性を信じられるかどうかで、結果は大きく変わるのです。

 こういう児童生徒たちに「情報モラル教育」として、「あれは危ない、これややめろ」というネガティブ中心な指導をわざわざ学期の最初に行うとどうなるでしょうか。おそらく、やっていいことも、先生や「情報モラル」に忖度して、あえてやらなかったり、「それってやってもいいの?」という姿勢が強くなって、結果として「模範解答として示されたものをなぞる無難な作品作り」みたいな感じで終わってしまうでしょう。一方で、デジタル・シティズンシップ的に「こういう課題に対してどう取り組むか」「こういう制約条件のなかでどう表現するか」という考え方で同じような課題に取り組めば、全くアウトプットは違ってくるはずです。道義的に問題のある作品がもしあったら、それは後から指導すればよく、学校はICTを活用した教育においても「安全に失敗できる場所」であるべきなのです。 

 

必要な理由2)子供たちは大人たちにICTに関しては明確な不満を持っているから

 先ほども少し書きましたが、2020年はコロナによる混乱によって、ICTの教育活用の議論が急進し、一気に動いたことはこの業界に関わっていた人であれば説明の必要はないでしょう。

 しかし、この期間中に、コロナによる一斉休校で先に示した動画のように成果を揚げた学校があった一方で、児童生徒やその保護者がこの期間の学び方に対して相当な不満を抱えていたことが、当方の独自の調査でも見えています。オンラインでの調査なのでサンプルが偏っているであろうことを割りひいても、これだけの影響があります。

 ▼アンケート結果のごく一部ですが、保護者(n=100)の学校に対する満足度

 

f:id:nomotatsu:20201227233600p:plain

 

 

 

 ▼児童生徒(学校がICTを活用した学びを継続した人とそうでない人での傾向の差)

f:id:nomotatsu:20201227233635p:plain

 

 

 保護者については、学校がある程度ICTを使っていたか否かで切り出し分析もしてみましたが、実はどちらも一定の不満を持っていました。一方で児童生徒は、ICTをうまく活用し、一定の解決策を家庭や児童生徒に委ねたケースでは、満足度が急伸しています。特に上記Fig3の生徒の声は実に正直なものと言えるでしょう。プリントなどアナログな手段だけに終始した学校の生徒は、明確に「不満率」が高くなっている。

 このアンケート結果のデータは以下からご覧いただけます。

https://ios.or.jp/wp-content/uploads/2020/12/944f1437f9f887e7ff791ac1f5856f49.pdf

https://ios.or.jp/wp-content/uploads/2020/12/944f1437f9f887e7ff791ac1f5856f49.pdf

 

また、不満を抱いている生徒の声の中にはこんな声もありました。
・通っている学校では大雨の際、一部の生徒は自宅待機
(保護者に送迎をしてもらえる人は登校)でしたが他の生徒は授業が進みます。せっかく休校中にZOOMを使って授業ができることを確かめたのだから、自宅待機の生徒に授業配信をするべきだと思いました。自分だけが授業に遅れるのではととても休める気持ちにはなれません。

 この声からは、結局コロナ禍が一定の収束を見せた後、学校が「日常的な対面授業の運用に戻ってしまって、有事の際にそのノウハウが活かされなかった」ということを窺わせます。

 しかし、もし日常的にこの学校でデジタル・シティズンシップ教育が展開されており、生徒側がこの問題を解決するための知見や解決策の案を持っていたとしたら、学校は少なくとも慣れていないオンライン配信は登校できている生徒の一部の知恵や力を借りながら、先生たちの負担を最小限に対応ができていたかもしれません。もし情報モラル的なネガティブな側面が強く植え付けられていると、同じクラスメートが授業を受けられないという状況であったとしても、先生たちが普段やっていることのルールを超えてそれを実現することに対して二の足を踏むケースが増えるでしょう。

 情報モラルをはじめとする「あれをやるな、これをやるな、ルールを守れ」的な指導は、たとえ生徒側が解決策や対応策を知っていたとしても、それを先生の「聖域」たる授業で提案したり発揮することに対する「忖度」を生む危険性すらあるのです。

 

必要な理由3)GIGAスクール端末を「税金の無駄づかい」にしないために必要だから

 ここまで書いたら、もうわかっていただけると思うのですが、一人1台の端末を配備することの最大の目的は、児童生徒たちに対して社会で実際に問題解決をする際に有効なICTの使い方を少しでも早い段階から身につけて、学習や学校生活を豊かにする経験をしてほしいという考え方が大きいのです。学校の先生はICTを活用した問題解決を(コロナの一時期を除いて)もしかしたらそこまで多く経験できていないかもしれない(∵学校の多くの業務はアナログなままで成り立っているから。これ自体は別に先生が悪いわけでもなんでもない)。

 そんな中でICTの活用をする上で「ネガティブ」的な側面の強い情報モラル教育的なアプローチばかりがとられていくとどうなるか。児童生徒たちはある意味「大人たちの空気を読む」ことに対しては天才的です。結局「忖度が忖度を呼ぶ」ことになり、大人たちが「それくらい自分たちで判断してやってくれてもいいのに」という領域ですら、大人たちが「あれだめこれだめ」を普段から言い続ける中ではたぶんやらなくなるでしょう。

 以下は、本書を読んで当方が感じたことをAmazonの書評に正直にぶつけた内容です。強い表現も含まれていますが、これが当方としては偽らざる本音です。

2021年の4月から多くの小学校・中学校で「一人1台」の教育用コンピュータが配備される予定ですが、おそらくその配備されるコンピュータに対して「情報モラル教育が行き届いていないから、機能を大幅に制限する」「子供が何をするか分からないから、配布したコンピュータの持ち帰りは許容しない」という対応をとる自治体が多くなることと思います。これにより、Webページは一部の許可されたものだけ、アプリは配布されたときに入っているものだけしか使えないということになる可能性が高いと思われます。
しかしこれは、本来「自分でアプリやWebページを探して問題や課題を解決する」という、ICTを活用する最大の利点を自治体や学校が自ら否定していることに等しく、私たちの血税を元に配備される教育用コンピューターの価値を著しく下げます。極端な言い方をすれば「税金の無駄遣い」に近い状況です。
しかし、私たち保護者や大人はすぐに「子供たちに好き放題やらせたらろくなことが起きない」と子供たちが未熟であることを理由に制限を肯定します。しかしそれは本当でしょうか?いまの子供たち(いわゆるZ世代)は、スマホデジタルネイティブで、みなさんよりも内容によってはICTに詳しい領域を持っています。彼ら自身のほうがアプリや特定のWebなどの領域で起きる課題や問題に詳しいため、彼ら自身で「こういう場合ってどうする?」「自分はこうしてるけど」という議論をしてもらった方が、「危ないからやらない、使わない、近づかない」という方向に(指導していながらよくわかっていないかもしれない先生が)半ば誘導的に指導するよりもはるかに学びが多く、むしろ大人たちのほうが子供たちから学べることが多い。実際、一人1台を早くに実現した私立学校ではすでに生徒から先生がICTの活用テクニックを教えてもらったり、先生が想像もできなかったようなとんでもない作品を生徒が自ら工夫して驚いていたりします。
この本にはそうした考え方も含め「デジタル時代を生きる子供たちの力を信じて、大人たちがどうそれを伸ばすためにふるまうべきか」のHow toが書いてあります。教育領域向けの本ですが、本当は公立の小中学校に子供を通わせている保護者にこそ読んで欲しい一冊です。
そして、自分の子供の学校が、せっかく配ったコンピュータに対して「あれもダメ、これもダメ、これしか使っちゃダメ、持ち帰りなんてもってのほか」というスタンスであるようであれば、保護者としてぜひとも声をあげて欲しいのです。でないと、「何かがあったときのリスク」や「先生たちが子供たちよりもICTに詳しくなるよう研修を終えてから」という絶対に解決しない言い訳を並べて学校は動こうとしないところが大半でしょう。
コロナが今後どうなるかも分からない不確定な世の中、ICTをうまく使って学習も、仕事も進めるのが当たり前の世の中、保護者である私たちも頭の中をアップデートしないといけません。その助けになるための情報がわかりやすくまとまっているのが本書です。特に第3章を読むと、日本のICT活用がいかに諸外国から遅れているかを思い知ることができるので、おすすめです。

 要は、コンピュータの価値は人間がイチからやってたらとても大変な計算であったり制作であったりを、先人の知恵をうまく活用する形でショートカットし、課題の解決や強みを加速させるためにあるのに、それを限られたシーン(主に大人が価値として認識でき、リスクがほぼないとわかっている非常に限られたシーン)にのみ使えるように価値を大幅にデグレする、あるいは情報モラル教育を通じて結果的にそういう方向に仕向けることは、言葉を選ばずに言えば血税の無駄遣いにつながるということです。

 その結果、ほとんど端末が使われなくなったり、子供達が「ほぼ何もできない端末」と認識してラフに扱って故障率が高まり、無駄に修理代がかかるようになったとしたら。どちらも税金の使われ方としては悲惨な末路でしょう。

 

おわりに

 結びとして蛇足ながら、2点書きたいと思います。

 1点目は、本書を読んで「次にこうしたい」と当方が考えていることです。本書には第4章に実際にデジタル・シティズンシップ教育を行うための授業案が、小学校低学年版、高学年版、そして中学生版と3種類収録されています。いずれも学級活動や道徳などの活動でアレンジして使いやすい指導案もついており、現職の先生はこれだけでも買う価値があります。

 一方で、当方はこうしたデジタル・シティズンシップ教育を、道徳・学級活動・総合的な学習(探究)の時間といった特別枠だけではなく、通常の教科指導の中に組み込んで、大半の先生が日常の授業の中で当たり前のように実践できるようにならなければ真のデジタル・シティズンシップ教育が実現できないであろう、ということも考えています。

 先に動画を紹介した近畿大学附属高等学校では、生物や化学の授業時間において、先生があえて教科の単元の内容を教えずに、生徒自身に「お題」を与えて、それを攻略する中で教科書やWebなどを参照し、自ら教科書や指導要領上で必要な知識を結果的にカバーしている、という学び方を実践されています。(例:共有結合における電子の動きをコマ撮り動画を作成して示せ。A班はH20、B班はCO2など、班によって課題が異なる) これもデジタル・シティズンシップ教育で育むべき能力(OECDやISTEなどが提示する、これからの児童生徒が不確かな時代を生き抜くために必要とされるコンピテンシー)を習得するためには必要なスキルを養える貴重な機会だからです。ある意味、教科教育もこうした「情報モラル教育」的に、あらかじめ定められた小さな箱庭の中で結論ありきの形だけの議論をさせているようでは、せっかく手元にICTがあっても効果が十分に発揮できないことが危惧されます。究極的には、デジタル・シティズンシップ的な学びが意識されないくらいの形で学校における学びが再定義されるところまでいかないといけない。多分、ここまでいけば本書の中でも紹介されるSAMRの「R」まで到達したと言えるのではないかな、とも思っております。

 そして2点目は、先のAmazonの書評でも同じことを書いていますが、GIGAスクール構想で全国各地に配備されたコンピュータが、機能制限ガチガチで、持ち帰りもできない、アプリの追加ももちろんできない、家のWiFiにも繋げない、なんてことになったら、デジタル・シティズンシップ教育の考え方を以て、保護者として声を上げられるようになってほしい、というものです。このような行き過ぎた制限は結果として税金の無駄遣いであり、子供達の可能性に対する学校の「不信」であり、教育的配慮からは程遠い意思決定だからです。だからこそ、この本は公立の小中学校に通う子供を持つ保護者にも読んでほしいのです。

 もちろん、ICTの使い方に対してデジタル・シティズンシップ教育がしっかり行われたからといって、機能制限を緩めたり自由に使うようにすることに対する心理的な不安は常にあることでしょう。

 そんな方に、最後に先のパートで登場した近畿大学附属高等学校 の 乾 武司 先生の別の名言を記しておきたいと思います。

 「万引きをする人がいるからといって、スーパーを閉鎖するなんてことはないですよね?」

 常にマイナスの働きをする人は少なからずいます。だからといって、その1人のためにほかの99人の学習の権利が阻害されるようなことがあってはなりません。子供達のICTを活用した活躍に対して、大人の私たちとしては、ぜひとも信じて、その可能性を伸ばせるように、社会の一員としてサポートし、見守る気概を持ちましょう。問題が起きたら、その時にみんなで建設的に(他の子供達の権利を守りつつ)対応策を考えれば良いのです。トラブルが全くないことをやることが、教育ICTを進めていく目的ではないのですから。

 

GIGAスクール構想で導入された端末の保守・運用・管理をどうするべきか

 本日は、GIGAスクール構想による教育用コンピュータ(以下、端末と書きます)端末の調達が各地で進むにつれて、今後大きな課題と話題になりそうな「導入した端末の保守・運用・管理」について書いてみたいと思います。

 この領域は実は筆者が学校向けの端末導入支援で血反吐を吐きながら現場でスキルや知識を実際に活用して一定のノウハウを積み重ねてきた領域でもあるのですが、本ブログではそうして得てきたノウハウをできるだけ公共の利益のために情報展開していくことを心がけています。今回は、おそらくベンダーさんがなかなか語ってくれない「保守・運用・管理」について、思い切って書いてみます。

 当方の得意分野が本ブログの読者であればご存知のとおりiPadであることから、主軸はiPadにはなりますが、他のOSについても取り上げながら紹介してみようと思います。

f:id:nomotatsu:20200930125542j:plain

 

  • そもそも保守・運用・管理とは何か?
  • 学校に納入された後の端末は「誰」が面倒を見るべきなのか?
  • 保守・運用・管理を現場でやるメリットとデメリット
  • 基本的な保守・運用・管理の知識はどの学校でも知っておく必要がある
  • 5年後およびBYODを見越して備えておきたいこと

 

続きを読む